HOME >> Theダンボール >> 色々な形

色々な形

色々な形

ダンボールでも違う言い方をする物があります。

普段使っているものや目にしているものが、改めて単語で言われると分からないと言う事がありませんか?

例えば、紙器。

紙の器ですが、あまり抽象的で分かり難いと思います。

ここでは紙器について分かりやすく話をしていますので、最後までお読みください。

あなたもきっと紙が好きになる事と思います。

紙の器とは、紙製の素材を材料にして紙製容器に加工したもので、用途としては収納・包装・輸送などに大別されます。 

紙器にはカテゴリーが多く、細かく分別すると大変ですのでここでは大きく4種類に分けて簡単に説明しておきます。

【紙器4種類】

その1:ダンボール箱・・・・・「材料」・ダンボール

ダンボールをボンド付け、または針金止めして形成される箱で、緩衝性が高い。

郵送用・保管用としての需要が多い。

その2:組立箱(トムソン箱)・・・・・「材料」・コートボール、薄目のダンボール。

無地または印刷されたコートボールなどを抜き型により打ち抜き、組み立てる形式の箱。

食品その他幅広い分野で使用されている。

その3:簡易箱(機械箱)・・・・・「材料」・ コートボール、チップポール(裏白チップなど)。

ボール紙の四隅を針金又はホットメルトなどで止めた箱。

文具や工業用部品、雑貨などに使用されている。

その4:貼箱・・・・・「材料」・ 和紙・洋紙などの貼紙、極薄のダンボール、ボール紙。

ボール紙(板紙)に和紙・洋紙などを貼り付けて作製する箱。

食品、工芸品など専門品や高級製品用の箱として使われる。

【箱形式の種類】

その1:A式・・・・・「ミカン箱」と呼ばれるタイプで底とフタはクラフト・テープなどで止めることが多い。

ダンボール箱に多い形式で、シンプルで使いやすい。

その2:B式・・・・・フタ・底共に差し込み式の場合は「キャラメル式」と呼ばれ、底の形態によって「地獄底式」や「ワンタッチ式」などに分けられる。

コートボールや段ボールを素材にしたトムソン箱で多く使われてて、化粧品や菓子、PCソフトのパッケージ等々、幅広く採用されている。

その3:C式・・・・・身箱に蓋箱を被せるので「身蓋式」「かぶせ箱」とも呼ばれ、箱の側面が二重になっているので強度が高い。

トムソン箱、簡易箱、貼箱等、パッケージのそれぞれカテゴリーで採用されている形式で、比較的上からの圧力に対して高い強度を持つ。

その4:N式・・・・・高さ10cm程度までならスマートで仕上がりの綺麗なのがこのN式なので、掛け時計や体重計など"薄目の商材"に向いている。

折り返しの部分が額縁のように見えて格好がよく、またそれは強度を上げる役目も担っている。


Theダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを有効に使う事が出来れば、ムダに資源を使わなくても良くなるかもしれません