HOME >> Theダンボール >> リサイクルと普及の関係

リサイクルと普及の関係

ダンボールを知らない人はいないと思いますが、その使用頻度が上がっている理由に「リサイクル率の高さ」があるのをご存知でしょうか。

ダンボールはリサイクルシステムがしっかり確立されている製品のひとつで、なんとその95パーセントがリサイクルされるというアイテムです。

この高いリサイクル率が「ダンボールを使えば、今ある資源を減らすことなくリサイクルできる」と言う考え方に繋がり、多くの場所で使用されているのだと思います。

ダンボールは軽くて丈夫ですし、古くなったり汚れたりした場合は解体してリサイクルゴミとして処分すれば良いので、使い勝手の良さが良いというのもありますね。

また低価格で購入することができる「ダンボールハウス」は子供のおもちゃとして大変な人気がありますし、今は猫グッズとして有名な「猫タワー」「キャットベース」「キャットバス」としても使用されており、どんどん活躍の場が広がっています。

こうしたダンボールの使い勝手の良さとリサイクル率の高さが、ダンボールの普及に貢献しているのではないでしょうか。


Theダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを有効に使う事が出来れば、ムダに資源を使わなくても良くなるかもしれません