HOME >> Theダンボール >> ダンボールの色づけ

ダンボールの色づけ

ダンボールで楽しむ方法のひとつに、「ダンボールを色づけする」と言うものがありますが、ここで重要になってくるのが「色付けをする道具」です。

ダンボールの側面に色紙などを貼っていれば別ですが、ダンボールはもともとクラフト紙でできているものですので、色鉛筆など「色が薄い道具」だとはっきりした色で塗ることが難しくなってしまいます。

ダンボールを色づけするなら、お勧めは「クレヨン」「ペン(油性でも水性でも)」など。

クレヨンは力を入れればかなりはっき書くことができますし、ペンも太目のものを使うことで綺麗にイラストを描くことが可能ですので、色付けをする時はこれらのアイテムを使用してみて下さい。

ダンボールに既に文字が入ってしまっている時は、前述の通り「ダンボールの上から紙を貼る」と言う方法が一番いいのではないかと思います。

白い紙やピンクの紙、黄色い紙など「薄い色」の方が色を活かすことができますので、色を塗る場合はこれらのカラーの紙を使ってみてはいかがでしょうか。


Theダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを有効に使う事が出来れば、ムダに資源を使わなくても良くなるかもしれません