HOME >> Theダンボール >> 何でも入る?

何でも入る?

何でも入る?

まさか、生ゴミをダンボールに入れてみたらと思う事自体が凄いと思います。

ダンボールに入れたなまゴミが堆肥に変身します。

家庭から出る生ごみをたい肥に出来るだんボールコンポストを早急に作ってみます。

一軒家で無くてもマンションのベランダでも手軽に出来ますので、お試しください。

虫や臭いを心配しているあなたには、ここからじっくりと読んでみて下さい。

驚くべき真実に出会えます。

「ダンボールコンポストの作り方」

・ダンボール箱・みかん箱等の厚めの段ボール箱

40リットル程度のもの、縦30×横45×高さ30。

※ 薄い箱の場合には、2重にして下さい。

・箱の底と同じ大きさの段ボール・・・・・1枚。

・もみがらくん炭・・・・・7リットル。

・ピートモス・・・・・15リットル。

・箱を覆う布・・・・・古いTシャツ・バスタオルなどで段ボール箱がすっぽりかぶせるもの。

・布ガムテープ

・段ボールが乗るくらいの金網(バーベキュー用など)・・・・・1枚。

・レンガや角柱など、金網を載せるもの・・・・・適量。

園芸用スコップ。

「ダンボールコンポスト」とは、家庭で出る生ゴミを、土を入れたダンボールに混ぜ込んで発酵・分解させ、ゴミの量を減らすもの。

特殊な道具も材料も要らず、電気も使いません。ゴミ処理のコストや用地の負担を減らし、環境と自治体の財政に寄与するものとして、注目を集めています。

「ダンボール箱から堆肥が出来るまで」

ステップ1:ダンボール箱の底を二重にして補強する。

もう一枚のダンボール紙で二重にする(ほかのダンボール箱から切り取って用意)。

ダンボールの合わせ目は、ガムテープでよく貼り合わせ、スキマをふさぐ。

ダンボールのフタは切ったりせずそのまま使う。

ステップ2:基材のもみがらくん炭とピートモスを入れ、3対2の割合でダンボ-ル箱の中に入れ、よくかき混ぜます。

ステップ3:レンガ(角柱でも)の上に金網を載せ、その上にダンボールを載せる。

レンガと金網ではなく、ビールケースなどでもよい。

これは、ダンボール下部の通気性を保つため。

ステップ4:生ごみを一日に約500g程度入れます。

※水気の多い物場合は三角コ-ナ-等で水切りする。

ステップ5:毎日全体をよくかき混ぜ空気が中に入るようにします

ステップ6:フタをし、布・バスタオル等(古いTシャツなどを縫い合わせて作るとよい)を全体にかぶせて虫よけにし、雨のかからない場所に置く。

※ビニールなどで覆ってしまうのは、ダンボールの中の湿度が高くなり、堆肥が腐ってしまう可能性があります。


Theダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを有効に使う事が出来れば、ムダに資源を使わなくても良くなるかもしれません