HOME >> Theダンボール >> ダンボールの使い道

ダンボールの使い道

みなさんはダンボールってどういう使い方をしているのでしょう。

本来ダンボールというのは壊れやすい物を保管しておくために開発されたのですが、その軽さや優れた堅剛性から、保管用から輸送のための梱包用に使用用途を広げてきました。

今となっては梱包用、移動の時の収納用という使い方が主なのではないでしょうか?

では、そうした時一般の人はダンボールをどのように集めたらよいでしょうか? 

勿論、希望の大きさにマッチしたものが欲しいのであれば、ダンボール業者から購入することも可能です。

インターネットで調べてみるとたくさんの会社が見つかると思います。

それにホームセンターに行くと各種ダンボールが売られていますのでチェックしてみると良いのではないでしょうか? 

しかしわざわざそんなことにお金をかける必要はないと思われる方もいるでしょう。

みかんを箱買いしたり、パソコンを購入すれば必ずダンボールに入ってくるわけでそれをとっておくことも必要でしょうし、今すぐということなら、電気屋、薬局、またスーパーマーケットやコンビニエンスストアに問い合わせてみるのもよいでしょう。

どうせ廃棄処分にしてしまうわけですから、いただいてくるのは問題ないと思います。

ダンボールを使うときに一番大切なことは何かわかりますか? 

それはダンボールが中に入れた物をしっかりと守ることができるように、ダンボールそのものにそれに耐えうるだけの強度を持たせることなのです。

そのためには、ダンボールを箱に組み立てたときにしっかりとガムテープその他で補強することが必要です。

よく底を十字に組んでいるだけってことがありますが、それですと意外と弱いことに気づきます。

箱の底には必ずガムテープでしっかりと封をして、さらに、箱の底を縦横十字にガムテープを貼ることによって更に強度が増して安心して使うことができます。

また、さらに言えば、既に劣化して型崩をしてしまって箱としてはもう機能しないダンボールも、中身の周囲に軽く巻きつけることでクッションとしても使うことができます。


Theダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを有効に使う事が出来れば、ムダに資源を使わなくても良くなるかもしれません