HOME >> Theダンボール >> ダンボールのメリット

ダンボールのメリット

ダンボールを使うメリットってどんなものがあるのでしょうか。
 
色々な使い道があるためにそれぞれの使用用途の中で敢えてダンボールを使うことによるメリットとして感じることを上げてみましょう。

ダンボールといえば、まずは梱包、輸送へのメリットを考えるべきでしょう。

ダンボールは、運送効率を高めることに大きな貢献をしていると言われているようですがそれはなぜでしょうか。

まずは、紙という原材料の特質上、非常に軽量であるということです。

この軽量であるという特徴は、運送の現場に於いては、"配送"に対してスピードを求められるのは必死ですのでこれが最大のメリットと言えることでしょう。

その次にダンボールという梱包資材は、定形の大きさのものがたくさんあるために、保管スペースを最大限に有効活用しながら荷物の保管ができるということです。

さらに言えば、使われていないダンボールは折りたたんでしまって置けるということも大きなメリットといえるでしょう。

そして、ダンボールの持っている優れた耐衝撃性は、配送時に万が一の事故やその他のトラブルによって荷物に大きな衝撃が加わったとしても、ある程度を吸収してくれるため商品ソ者の破損の可能性を低くし、その安全確保に貢献してくれます

もう一つ、 材質の温かさが挙げられます。ダンボールは基本的に直接人間が手で持って運送することが多いものです。

そうした作業をする人にとっても、他の素材に比べれば温かさや柔らかさをもたらすのは、大きなメリットであるとも言えます。

輸送以外のダンボールのメリットを考えるとすれば、やはり、収納のメリットもあるでしょう。

ダンボールは通気性がなく遮光性にも優れていますので、湿気という大敵をクリアすれば、そこに何か物を入れて長期間保管をしておくには大変に優れたものと言えます。

特に、温度変化に弱いものであったり、紫外線には極力当てたくないものなど、考えてみればそうしたものはたくさんありますよね。

是非、ダンボールのメリットを最大限に活かして活用してみてください。


Theダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを有効に使う事が出来れば、ムダに資源を使わなくても良くなるかもしれません