HOME >> Theダンボール >> ダンボールと梱包

ダンボールと梱包

引越しの際、ダンボールによる荷物の梱包は意外と大変ですよね。 

しかしながら破損したり、荷崩をしないように、事前にしっかり梱包することが大切です。

どのようにしたら、事故にならないか、正しい梱包ノノウハウについて注意すべき点をまとめました。

まず、梱包に必要なアイテムを準備しましょう。

たくさんあるのでチェックリストを作ると良いかもしれません。

新聞紙(1~2か月分)、ダンボール箱、ガムテープ、荷造り用の紐、マジックインキ、それにダンボールで手荒れがしないように軍手があるとさらに便利です。

ダンボールに入れる順番ですが、原則的には重たいものが下、もちろん、普段あまり使わないモノも下にしてください。

また、なるべく同じ種類のものを一緒に入れるほうが良いでしょう。

また、一人で一個のダンボールを運べるよう大きい箱には軽量のもの、小さい箱には重たいものを入れると効率的です。

また、重要なことは中に何を入れたか、マジックで箱に必ず明記しないと、後で必要なものがすぐに見つからない事となってしまいます。

内容の詳細はメモにしておくとよいでしょうね。

特に「壊れやすいもの」は忘れずに、赤で「壊れ物」であることを明記することが重要です。

また、引越しですから、引越し先ですぐに必要なものは、引越しする当日の最後に荷造りするといいでしょう。

勿論、現金、印鑑、通帳、貴金属は、自分自身で運ぶことが大切です。

紛失という事態だけは絶対に避けたいですからね。

しまいこんでしまうと何処に入れたか分からなくなる事があります。

逆を言えば、普段使わない、押し入れや天袋、キッチンの下に入っているものや、普段読まない本やあまり使わない食器、現在の季節では着ない服は事前に余裕を持って梱包をしておくとよいでしょうね。

また自分で梱包をしなくても良いものもあります。

大きな家具やタンス、冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの大型家電は引越しの業者が対応してくれます。


Theダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを有効に使う事が出来れば、ムダに資源を使わなくても良くなるかもしれません