HOME >> Theダンボール >> 本棚の隙間

本棚の隙間

本棚に本を詰めていくと、案外隙間などが出来たりはしないでしょうか?きっちり本を詰められる場合もあると思うのですが、案外ちょっとした隙間が出来てしまったりという事もあるでしょう。

そういう隙間が気になるという人も居たりしますし、隙間どころか本の数が足りないのでよく本が倒れるという場合もあると思います。

それらの問題を解決するために、ダンボールなどを利用してみてはいかがでしょうか?ダンボールをどういう風に使うのかと言われれば、色々な方法があるとは思いますが、お勧めなのがちょっとした隙間が多い場合には、本の種類ごとの区切りにダンボールシートを挟むというものです。

そのシートのふち部分などをカラーテープなどで止めて、外側から見るとダンボールには見えないように工夫をしてそれを挟んでおくのです。

色事に自分の目印としてつけておくのも面白いものだと思いますので、ぜひとも利用してみてください。

変に隙間が出来てしまってそこに埃が溜まる、などという場合には使えるものだと思います。

その他にも、本がよく倒れてしまうというのであれば、変に本を斜め立てしてそれを止めるのではなく、それのストッパーとしてダンボールを利用するのも便利ではないでしょうか?もちろんこれらも工夫次第ではおしゃれに見えるものの一つになると思いますので、それらを上手く使っていきましょう。


Theダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールを有効に使う事が出来れば、ムダに資源を使わなくても良くなるかもしれません